▼トップページ~ブロック1~ モーショングラフィックについて(←このタイトルは表示されない)


モーショングラフィックについて

 

動画広告などで使用されているモーショングラフィックの多くは基本的に見られた方へ興味を持っていただく何らかのきっかけとなることを主な目的として作られていることが多く、多彩な表現になっていたり、

見た人に与えられることとして、

  • インパクト、驚き
  • 爽快感、躍動感
  • 面白さ
  • 意外性、不思議な感じ
  • ストーリー性
  • 示唆、扇動性(実際に多く使われていたりもます。)

 

等、様々であったりします。

どの要素も、商品やサービスに初めて関心を持ってもらうきっかけになることでもあり、モーショングラフィックの製作会社はそれを仕掛けていく必要もあります。

これらのどれか一つの要素でも見ている人をひき付ける要素を持たせるのも広告の役割でもあり、広告の効果を広く発揮する為には必要なことでもあると考えられるでしょう。

また、広告として見ている人に立ち止まって見てもらう期待が持てるものは、紙や静止画の広告よりも、目に留まる様な動き方をしている広告になってきているとも言えるのではないでしょうか。静止した状態で訴求したいものについては、動画広告の最後や途中に静止画を挿入するといったことが出来るのもモーショングラフィックの特徴でもあります。


静止画の利点もモーショングラフィックの要素としてあらゆるシーンにて利用できることもモーション広告が持つ汎用性の一つでもあると言えるでしょう。


商品やあらゆるサービスはお客様の『流入、脱退』を繰り返しながら、商品がリニューアルをしながら続いていくサイクルの中で、常に新規の方が入ってくる対応が取れている広告を作ることが大切であると考えられます。



常に新規の顧客を取り入れられることは、商品がシリーズ化など継続するにあたって、サービスを向上させた形での継続を実現する要素になっていることも、広告を作る際に商品が持つ将来性を感じてもらう意図が一つの要素として取り入れておくことも大切になってくることもあるかと思います。

新規の方の流入を最大限に狙うのが広告でもあり、紙広告よりも訴求性が高いモーショングラフィックを使う企業様がとても多くなっています。

  • モーションロゴや、
  • 音楽に合わせたアニメーションなど、

 

街中のディスプレイで見ることが出来る状況になっています。

モーショングラフィックの役割は、商品を購入してもらうまでの動機を与えることが大きな目的になっており、メインである商品の紹介までの時間を見ている人に飽きさせない時間として提供することもとても大事になってくると考えれると思います。

弊社では初見の人にインパクトを与えながら、そこから飽きないモーションの展開をしていくことを大事にモーション広告を作っています。